自動車保険 等級制度

【知らなきゃ損する】自動車保険 等級制度のおさらい

■ 同じ等級でも 保険会社見積もりで 保険料が4万円安くなりました!

管理人体験記事 ⇒ 無料の保険見積りサイトの上手な使い方

 

保険を使うケースを起こして保険金を請求する事と、来年度の(保険等級)が3(保険等級)下がります。契約した各社の担当者にきちんと相談してから保険金を請求するのがベストと言えます。

 

四輪車の保険用語では「ノンフリート(保険等級)」は無不慮の保険を使うケース割引の事で不慮の保険を使うケースが無いと割引が多くる事です 最初は6(保険等級)からはじまります。

 

だけど、割引率が最大で有る17(保険等級)以上と最低の1(保険等級)すると保険料に4倍以上の差ができてしまう事もありますので、いかに保険を使うケースを起こさ無如何、四輪車の保険料を安くするための大切なポイントです。

 

すると保険を使うケースして示談しても保険金が払われ無ければ無保険を使うケースあつかい状態に応じて保険は使いましょう

 

 逆に不慮の保険を使うケースを起こし保険を使うと、1不慮の保険を使うケースにつき3(保険等級)下がり、保険料がアップします(不慮の保険を使うケースの種類によっては(保険等級)据え置きのケースも有る。

 

 (保険等級)が20(保険等級)に成るには、出だし時点が6(保険等級)ですので、無不慮の保険を使うケースを14年間つづける必要がございます。

 

>>>【知らなきゃ損する】車の保険。等級と割引率のおさらい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
10代おすすめ割引 20代前半おすすめ割引 20代後半おすすめ割引 30代おすすめ割引 保険等級について 保険一括見積サイト